8月 2010

6ヶ月点検その後

フォルクスワーゲンセンター岡山から電話。点検後の具合はどうかと聞かれたが、全然乗ってないからなぁ(^^ゞ。もう少ししたらワシも綾さんも乗るようになる、はずなんだけど...。

J1: 第16節 広島 vs 京都

広島 3 - 0 京都。守りを固める京都にてこずりながらも、セットプレーを効果的に得点に結びつけて快勝。相手を崩しての得点ではないが、引いて守る相手にこういう勝ち方ができるようになったのは心強い。まだまだ上位を望もうではないか。

ここはすでに秋声

後半戦に入って6連敗にも、もはや何の感慨もない。これまでもずっとBクラスが定位置とはいえ、こんなに絶望感に包まれたシーズンは久しぶりだ。いまとなっては5割の壁を越えられないことを憂えていたころが懐かしいよ。

8月4日のスターフォワードの追い切り

CWコースで、81.6-66.9-52.9-39.4-12.4。今週はしっかり追われたみたい。来週、あと一本追えば仕上がるのではなかろうか。もう勝たないとまずいからなぁ。

危ない危ない

今日はちょっと切れそうになった。合う合わないというのはどうしようもないものなのか。

RubyでExcel

複数のExcelのファイルに記述されたデータを集計する場合、ふつうはVBAあたりを使うことになるのだろうか。でも意外に便利なのがRubyのWin32OLE。MicrosoftがCOMという仕掛けを用意してくれたおかげでもあるのだけれど、RubyからVBAで扱うのとあまり変わらないイメージでExcelを操作することができる。しかも取り出したデータはRubyの文法やクラスを使って扱えるのだから便利なことこの上ない。今回も思いのほか簡単に目的を実現するスクリプトが書けてしまった。やはりRubyは手放せない。

だめな不動産屋

ここ3週間、週末に不動産屋をまわっているけど、やっぱり良し悪しははっきりと出てくるね。客の求めている要件をきちんと聞き出して数件の範囲で物件を勧めてくるところと、なんかもうだらだらと抑揚なく物件を出してくるところ。前者は物件そのものの情報はもとより、周辺環境を含めた質問にもきちんと答えてくれるけど、後者はまるであてにならない。今日はハズレの日だった。くそ暑い中を歩いていったのに、お茶も出してくれなかったし(苦笑)。

J1: 第17節 広島 vs G大阪

広島 0 - 2 G大阪。山岸・ミキッチが故障、中島が出場停止と、相変わらずメンバーのやりくりに苦労がしのばれる。ミシャの選択は清水の初スタメンだった。残念ながら心配された清水の守りの弱さを突かれる形で前半に2失点。後半、攻勢に回るのもののゴールは割れず、またしても大阪に勝つことができなかった。ただ清水の起用に当たっては、このことあるはミシャも覚悟していたふしもあるし、若い選手たちが今後広島を支えていくために必要なステップなのだろう。この試合、途中から入ってきた横竹や丸谷も苦い経験を経て戦力になってきたわけだしね。今回の結果はチームとしての成熟度の差か。それはこのチームがまだ成長途上であることの裏返しでもある。ポゼッションサッカーの代名詞を広島に譲りたくないと思っているという西野監督のコメントは、広島の成長へのリスペクトの言葉と受け取ろう。

2ヶ月の検診

瑞樹くんは順調に成長。標準値と比較して、身長が高く体重は少なめ。親に似ず格好良くなっていくのかな(^^)。

そろそろお盆休み?

今朝の電車はふだんより乗客が少なめ。そろそろお盆休みに入った人もいるのだろう。ワシも綾さんと瑞樹くんに会えるまであと少しヽ(´ー`)ノ。