6月 2011

リヴィエラブルーの次走は安房特別

いよいよ崖っぷちのリヴィエラブルーの次走は25日の中山10R(安房特別、芝2,200m)の予定。ここで結果が出なければ、もうその次はないだろう。せめて力を出し切ったと思えるレースをしてほしい。

まったくなにをやっているのだか

「不信任決議案 反対多数で否決」。この結果は常識的なものだとは思うが、そもそもいまのタイミングで不信任決議案が提出されること自体が不毛だ。

また1ヶ月ぶりに瑞樹くんに会った

金曜日にお休みをもらって帰省。今度は泣かれなかったヽ(´ー`)ノ。

まだ誕生日ではないのだが

土曜日に瑞樹くんが一升餅を背負わされることに。といっても歩けるわけではないので、座らせたまま背負わせたところ、やはり後ろに反り返って倒れてしまう。そのあとワシが後ろから支えた状態で立たせて記念撮影。祖父母はこれで満足だろう。

3人で千葉に戻る

来週、1歳の誕生日を迎える瑞樹くんの検診や予防接種のため、綾さんと瑞樹くんもワシと一緒に広島から千葉に戻ってきた。福島の状況は安心からは程遠いのだが、家族が離れて過ごす不自然さがストレスになるところもあるようで、悩ましい決断となった。この先の予定は流動的。福島次第でまた千葉から遠ざけることもあり得よう。

ヤマザキナビスコカップ 広島 vs 川崎F

広島 2 - 2 川崎F。代表メンバーとケガ人でレギュラーメンバーのうち8人を欠く中での引き分けを良しとするべきか。若い選手には苦い経験となったところもあるが、これを糧としてほしい。でもホームで相手に2点をやったのはやはりきついな。

10連敗、交流戦負け越し投壊17失点

春先は良いところもあったが、ここに来てカープが昨年以上の惨状に陥っている。ずっと頑張ってきた投手陣がついに切れたという感じ。あとは落ちていくばかりか。明確なチームづくりの指針が見えず、長期的にも先行きは暗い。

瑞樹くんはご機嫌斜め

今日はずっと機嫌が悪かったらしく、21時前にワシが帰宅したときには大泣きだった。なんとか綾さんが寝かしつけたものの、瑞樹くんなりに環境の変化に感じるところがあるのだろう。福島の事故のためとはいえ、あっちに行ったりこっちに行ったりでかわいそうなことをしていると思う。一日も早い収束が待たれる。

11ヶ月検診

もうすぐ1歳になる瑞樹くんだが、その直前に11ヶ月検診を受けてきた。相変わらず体格は標準よりも大きめで、健康面もとくに問題はない。ただ人見知りをするようになったため、先生や看護師の前に行くと泣き出してしまって、そのあとにあやすのが一苦労だ。いままではこんなことはなかったけど、まぁこれも成長の一過程だからね。ゆっくりと見守っていきたい。

ウォーターサーバ

千葉に来てしばらく利用をやめていたウォーターサーバだが、綾さんと瑞樹くんが千葉に戻ってきて安全な水の確保の必要を感じたため、北アルプスから8lのサーバと水を購入した。天然水を使ってるとはいえRO膜で濾過しているので、良く言えば癖がなく、別の言い方をすると素っ気ない味に感じる。でも瑞樹くんのミルクを作るにはこういう水の方がいいのではないかと思う。