9月 2014

この種の発言こそが日本の名誉を毀損する

「首相 朝日新聞記事で日本の名誉傷ついた」。問題の証言に関する朝日新聞の報道は、後に学術的な検証を経て妥当性が否定されるという、個人の証言であれば起こりうるであろうことのひとつだし、またそのことが従軍慰安婦問題の歴史学的な結論に影響を与えるものでものない。逆にこの瑣末な証言が否定されたことをもって歴史的事実までも否定しようとする発想こそ、歴史修正主義の謗りを免れない。直接ではないものの、その発想と同じベクトルを向いた発言を公共放送上で一国の首相が行ってしまうことこそ、国際的な日本の名誉を毀損する行為である。しかも特定の新聞社を攻撃する発言は、メディアに対する弾圧の一歩手前まで来ている。もうこの国を民主主義国家とは呼べまい。

第94回天皇杯 ラウンド16 広島 vs G大阪

広島 1 - 3 G大阪。若手中心のメンバーがいいようにあしらわれて完敗。この借りはリーグ戦で返そう。

昭和記念公園のすべり台

昭和記念公園のこどもの森のたくさんのすべり台がある一角に行った。瑞樹くんは一番低くて短いすべり台からはじめて、ちょっと角度のあるものやトンネル状になっているものでしばらく遊んだあと、最後に一番距離の長いすべり台を繰り返しすべる。距離は長いけどそれほど角度がないのも良かったのだろう。ゆっくりとすべっていくのが楽しいらしい。閉園時間近くまで遊んで帰る。また行くと言っているので、連れて行ってやろうと思う。

ベッド搬入

先日購入したベッドが自宅に搬入された。フレームとマットレスを違うお店で購入し、同じ日に配送をお願いした。前日に搬入時刻の確認がそれぞれのお店からあったのだが、かたやこちらの希望に沿った時間帯の中の30分の幅、もう一方はこちらの希望はきかず2時間の幅で言ってきた。結局、フレームの搬入から中途半端に時間が空いた上に、2時間の幅の最後にマットレスの搬入となった。そのあいだずっと自宅から出られないので、今日はなにもできず。KEYUCAなんぞで家具を買うもんじゃないね。

かごの屋

立川砂川九番交差点にある和食ファミレス。以前から気になっていた店だったのだが、ちょうどお昼どきに立川方面に出かける用があったので寄ってみた。どうも関西に拠点を置くチェーン店らしい。店内はファミレスとしては落ち着いた雰囲気。松茸釜飯かき揚げセットを注文する。六左衛門のように炊きたてで来る感じはないが(おかげでそれほど待つこともない(^^;)、味つけはまずまず。かき揚げと小鉢の煮物の味も水準で満足できる内容。ほかのファミレスと比較して特別高いわけではないので、子連れで和食が食べたいときには良さそうなお店だ。

ベッドの寝心地

綾さんが時間をかけて選んだだけあって、とても快適。朝までぐっすりと眠れる。部屋を片付けた甲斐があったというものだ。

出張先で障害通知

それも2件も。1件は出先からでも対処できたし、もう1件はほかの人に対応を任せることができたので、大事にはならなかったけれど、あの通知メールは精神的によろしくないな。

J1: 第23節 広島 vs G大阪

広島 0 - 1 G大阪。同じ相手に連敗するのは堪えるな。

スコットランド独立問題

「スコットランドが独立否決、『権限移譲進める』と首相」。順当なところに落ち着いたのではないか。大きな混乱を回避しつつ、地域のあいだに存在する不公平感を改善する施策を引き出せたことは、イギリス全体にとってもおそらく良い結果をもたらすだろう。地域格差の問題は日本でも無視できないので、今後の変化を見守りたい。

瑞樹くんとひらがな

数字は2桁ならだいたい読めるようになった瑞樹くんだが、ひらがなにはこれまであまり興味が向かなかった。それが最近になって自動車のナンバープレートのひらがなを読もうとするようになった。ほんと、車が好きだなぁ。