3月 2015

キッズ水泳教室

瑞樹くんと一緒に参加。プールに入ることさえ初めてというレベルの教室なので、足が届かないところは親が抱っこして歩く。抱っこの姿勢を徐々に水に浮く感じに近づけようとするが、瑞樹くんはからだが離れるのを嫌ってすぐにしがみついてくる。最初はこんなものか。25mプールを5往復以上は歩いたかな。きつくはないけれど、それなりに体力を使うのだろう。プールから上がったあとは眠くなる。

武豊線電化開業

「JR武豊線が電化開業! 313系で営業運転 - 既存の気動車は高山本線・太多線へ」。4日に出張で武豊線を使うのだが、電車で走る武豊線がちょっと楽しみだ。

帰り道に散髪

髪が伸びきたので切りに行こうと思いつつも、なかなか休みの日に床屋に行く時間が取れずにいた。いよいよ髪が邪魔に感じるようになって、帰り道にある1,000円カットの店で髪を切ってきた。結構人が並んでいて30分以上待たされたが、切りはじめれば10分で終わる。帰宅途上でサッと髪を切りたい向きには 便利な店ではある。ファッションやリラクゼーションといったたぐいとは無縁だけどね。

Jマスコット総選挙の最終結果が発表

「広島のサンチェがセンター獲得」。いやまぁだからどうしたのって話だが(^^;、こういうマスコットの使い方が変わってきたのも小谷野氏が社長になってからだったかなぁと思ってみたり。

武豊線の電車に乗る

水曜日から知多出張だったので、はじめて武豊線の電車に乗った。ディーゼルの大きなエンジン音がないと静かだ。あのいかにもがんばっていますといった音がしないので、加速にも余裕があるように感じる。実際、14日のダイヤ改正では、若干所要時間が短縮されるらしい。武豊線電化決定のニュースを聞いたときは、すでに知多を離れていたのでもう関係がないかと思っていただけに、いささかの感慨もある。

ついていない帰り道

知多出張からの帰り、コンビニではレジで順番を抜かされるし、カレー屋ではひどい炊き方のごはんが出てくるし、新幹線では座席にゴミが残っているし、といささかついていなかった。仕事ではいいことがあったのになぁ。残念だ。

いよいよ開幕

シャドー2枚が抜けたからか今年の広島の前評判は高くないが、それを埋めるだけの人材はそろっている。彼らが組織として機能するまでにどのくらいかかるか次第で、順位も変わってこよう。まずは甲府戦を見守ろう。

瑞樹くんとお寿司

回転寿司がお気に入りの瑞樹くんだが、実はちらし寿司、巻き寿司、いなり寿司も好物らしい。おなかがすいていたこともあるのだろうが、大人と変わらないくらい食べていたよ(^^)。

J1: 1stステージ 第1節 広島 vs 甲府

広島 2 - 0 甲府。期待と不安の混じる開幕戦は快勝。甲府の状態がいまひとつだったことは割り引かねばならないが、思い通りのサッカーができての勝利は今季に対する期待の方を膨らませる。次節、独特の雰囲気の中での試合になるであろう松本戦でも同じサッカーができれば、期待が本物になるんだけどな。

運用設計

基盤主導で開発者向けのツールを提供する局面があったのだが、基盤側の担当者に運用に対する考慮が不足する嫌いを感じた。ツールを作ることのみに目が行っているようなので、そのままでは運用がまわらないよ、とやんわりと示唆したつもりだったのだが、的を外れた反応に困惑する。問題を理解できない人ではないはずなのだが、ちょっと納期に追われて余裕がないのか。やむを得ず、開発者に対して運用上想定される問題点について、それとなく問いかけを行い、こちらは問題を認識した応答が返ってきた。このやりとりを見て、ちょっと考えて答えを出さないといけない課題だとわかってもらえただろうか。