第9話 / 新世界へ

宿に向かうまで何をして過ごすかしばらく思案した後、せっかくだから吉本新喜劇を見に行こうということになった。相変わらず大体の方角に歩く私たちだったが、運良くとくに迷うこともなくグランド花月にたどりついた。そこで公演時間を確認すると、昼の公演があと30分ほどで始まるらしい。これは良いタイミングだと思ったのだが、公演の内容を確認するとお昼は漫才とコントのたぐいだけで、肝心の新喜劇はやっていないことがわかった。そこでもう一度どうするかを話し合った結果、吉本はまた次の機会に譲るとして、ほかの場所に行くことにした。

私たちが次の目的地に選んだのは通天閣だった。初めて行く通天閣ヘの期待が大きかったためか、このときの深谷さんのそぶりの微妙な変化に気がつく者はいなかった。私たちはすでに飽きるほど見てきた「金龍ラーメン」の看板のそばの入り口から地下鉄の駅に入り天王寺へと向かった。そして難波から2駅、動物園前で下車し、通天閣の場所を探した。探すといっても通天閣自体が巨大なランドマークであるから、いやでも目に止まる。通天閣が見える方向へと5人はぞろぞろと歩きはじめた。

地下鉄の駅から通天閣あたりを新世界というらしい。以前この「優駿通信」でマチカネの馬の名前を紹介したとき、マチカネシンセカイという馬がいたことを覚えているだろうか。あのときはクラシック音楽シリーズということで、ドボルザークの交響曲に由来するとしていたが、馬主さんは大阪の人だし、本当の由来は案外こちらの新世界だったのかもしれない。いくつかの角を曲がると、目の前に通天閣がそびえ立っていた。通天閣の入り口を入ると「2階」へのエレベータがあった。ずいぶんたくさんの人が待っていたので、私たちはすぐ脇にあった階段を登ろうとしたのだが、そのとき私たちを呼び止める声がした。