午前1時の初仕事

大晦日に他部署でサーバ更新があり、まったく無関係でもないワシにも何かあったら電話するかもという断りがあった。どうなるかと思っていた当日は何事もなく、もう大丈夫かと床についた元日の午前1時のに電話がかかってきた。寝ぼけながらいまひとつ整理されていない情報を聞きつつ応対。なかなか解決にたどりつけずあきらめかけたとき、一番重要な情報が出てきた。なんでそれを最初に言わない...。元日未明から2時間の電話対応とは、さきの思いやられる年始めになってしまった。