第51話 / WINS

お好み焼き屋を出た私たちはWINS道頓堀へと向かう。道すがら食べたお好み焼きについての感想を語り合っていると、斎藤さん、「あっ、そうだ、ねぎ焼きを食べれば良かった」。しかし今ごろ思いついたところでどうすることができるわけでもなく、私たちはまあまあという感じでWINSへの道のりを歩き続けた。

WINSへたどりつく途中に「大たこ」というたこ焼きの屋台があった。この屋台は大阪に来る以前より話に出ていたのだが、昨日はあまりに長い行列ができていたのでこれに並ぶのは面倒だし、時間もかかるので次の機会にしようということにして通り過ぎていた。しかしこの天候ならば並んでいる人も少ないかもしれないかもしれない。そう期待していたのだが、残念ながら若干行列が短いかなという程度でしかなかった。そこで「大たこ」はあきらめてWINSに直行しようと思ったのだが、山本君が言う。「僕が並びます。みなさん先に行っていてください」。彼はどうやら馬券を買うことよりも、たこ焼きを食べることの方が気になるらしい。しかし当り馬券を抱えている深谷さんらは早く払い戻しがしたいし、さりとて山本君をこの寒空の中待たせておくのも悪かろうということで、結局、たこ焼きはここではあきらめることにした。

こんな感じでふらふらしながらも、私たちはどうにかWINS道頓堀へとたどり着いた。WINSでは小倉のメインレースが終わった後に集合する時間と場所だけ決めて、そのあいだは各人が自由に行動することにした。めいめいが思い思いの新聞を買って売場や払い戻しの方へと散らばっていった。