2012年3月

羽田空港駐車場

今日、綾さんと瑞樹くんが広島から戻ってくるので羽田までお出迎え。今度は空港内の駐車場を利用したが、午前10時過ぎの時点でP3はすでに満車、P4も本館は屋上のみに空きがあるという状態(別館にはかなり余裕があったみたい)。やはり休日は結構混むようだ。これが連休中となると、ここをあてにして旅行にいくのは難しいかも。

消費増税法案:閣議決定

消費税率引き上げに国民新党の分裂。直接税の見直しなしに間接税の引き上げに走るのは、この国の将来にとってどうにもいいところが見えてこない。しかも筋を通さない政治家の振る舞いには失笑を禁じ得ない。まったくもって政治の先行きには暗澹たる気持ちになる。

一応の区切り

年度末完了予定の仕事に今日いったん区切りがついて、どうにか無事に新しい年度が迎えられそうである。とはいえ今年度の仕事を振り返ってみれば、しんどかったわりに得るものが少なく、もやもやした感じが拭えずにいる。なんかこうスカっとしたいなぁ。

セホーン監督解任

「コーチングスタッフの解任ならびに新コーチングスタッフ体制の発表ならびに強化本部長の辞任について」。西野氏退任のあとの大阪の状況を見ると、つくづく広島の監督がポイチさんで良かったと思う。彼とて監督としては未知数ではあるものの、広島のサッカーをよくわかった上での就任だったからなぁ。いくら強かったチームであっても、監督人事の影響ってこんなに劇的に現れるんだね。げにフロントの責任は重い。

日米オープン戦: 阪神 5 – 1 マリナーズ

一回から見せたマリナーズ「3番」イチローっていうか、それくらいしか見せ場がなかった試合とも言える。この日は東京ドームまで足を運んだのだが、日米で成績の振るわないチーム同士の試合はこんなものだろうという感じのしょっぱさが、イチローの第1打席でかろうじて救われた。どちらのチームも冴えないシーズンを予感させる内容だったなぁ。

J1: 第3節 広島 vs 鹿島

広島 2 – 0 鹿島。いささか鹿島には気の毒な判定もあったようだが、内容的にも快勝といっていい試合。なにより大崎の活躍がうれしい。彼の実力は誰もが認めるところだが、昨年はなぜか出場機会に恵まれず。タイトル奪取を看板にしたことが歯車を狂わせることになっていたのかも。それがポイチさんのもとでうまく噛みあうようになったのならば、昨年からの上がり目も期待できる。そんな思いを持たせてくれるゲームだったと思う。

チャイルドシートの調整

背の高くなった瑞樹くんがチャイルドシートに乗るのに肩のあたりが窮屈そうだったので、チャイルドシートの肩紐の位置を一番上に設定しなおした。今度乗るときは少しは楽になっていると思うよ。

瑞樹くんの寝顔

仕事が忙しいと瑞樹くんの寝顔しか見れないことを嘆いていたが、いざ離れてみればその寝顔にどれほど癒されていたかよくわかる。家族のいない家は味気ないものだ。