ふたつの写真館

瑞樹くんが3ヶ月になって記念写真を撮ろうと考えたとき、手元にふたつの写真館のクーポン券があった。ひとつは出産した病院からもらったもので、もうひとつはベビー用品のレンタルを利用した企業からもらったものだった。で、ワシが広島に帰ったときに前者を利用してみたのだが、瑞樹くんが泣き出したときにも撮影を強行して、その衣装でのいいショットが撮れないままに撮影を終わらせてしまった。その後、偶然、もうひとつの写真館の人と綾さんが話をする機会があり、クーポンを利用するだけでも来てみてくださいみたいな話になって、今日、瑞樹くんを連れて行ったらしい。幸い今度は瑞樹くんもご機嫌のまま撮影ができて、いい絵が撮れたようだ。こういうお店の良し悪しは行ってみないとわからないからないからなぁ。最初のお店を選んだことは瑞樹くんにとって災難だったとしか言いようがない。

前の記事

乗り換え案内

次の記事

お母さんの顔