改めて自民党の変質を感じる

「国賊か!? 『赤旗』で”日本叩き”に加勢した自民党元重鎮」。記事そのものはいわゆる産経クオリティというやつで、まじめに読むのが馬鹿らしくなるくらいの代物だが、加藤紘一氏のインタビューが赤旗に掲載されること自体が象徴的ではある。河野洋平氏にせよ加藤紘一氏にせよ、河野談話が発表されたときは自民党政権の中枢にいた人物で、彼らの考え方が自民党の主流、少なくとも主要な考え方のひとつであったにもかかわらず、いまやこうした立場に位置する人物は自民党内に見る影もない。インタビューの内容から加藤紘一氏がとくに考え方を変えたわけでもなく、加藤紘一氏から見ると自民党は共産党よりも遠くなるほど右側にシフトしてしまった。国民政党としての自民党はすでにないのだなぁと、また憂鬱な気分になる。