橋下市長、限定再稼働で一転容認

予想されていたことだが、橋下市長の脱原発の姿勢は腰砕けに終わった模様。しかも肝心の会議には欠席という、周囲を煽っておいて自分は手を下さないいつもの行動パターン。だいたい限定再稼働という発想自体、筋が悪い。稼働・停止に時間がかかって、出力の調整も難しい原発がひとたび動き出せば、それを止めることは容易ではない。まぁ彼にとっては原発が動く動かないは瑣末なことであって、批判する相手ができればそれでいいのだろう。ただただ事故が起きないことを祈るばかりだ。

前の記事

電車の空調