紀の国屋とアイス工房ヴェルデ

帰省のおみやげには地元のものが良いだろうと思い、武蔵村山の紀の国屋に行ってきた。ここの商品では相国最中が代表だろうが、サイズが大きいので短冊最中を中心にみつくろう。試食した綾さんによると、餡の量は多いが甘さが抑えてあるので大きくても案外食べられるとのこと。最中は比較的日持ちするから、おみやげとして利用しやすいのもいい。

紀の国屋でおみやげを買ったあと、目に止まったのがアイス工房ヴェルデである。チョコチップ、ミルク、奥多摩わさびを注文。牛乳をはじめ地元の天然素材にこだわってつくられたアイスクリームは素朴でおいしい。面白半分で頼んだわさびも悪くない。家からはちょっと遠いが、ついでがあればまた行きたい。

前の記事

春休み

次の記事

山手トンネル