11月21日のクラブのレポートから

スターフォワードへの北沢騎手のコメント。

練習ではすいすい飛んでいましたが、実戦ではスピードが速いので最初は障害の前で躊躇しながら飛んでいました。前半は止めてしまわないよう肩ムチを入れながらの追走でした。それでも後半は慣れてきて追い上げられましたし、障害初戦で2着ですから十分やっていけると思います。

やはり初めての実践ということで飛越を躊躇するところがあったらしい。ただレース後半では飛越に慣れてスピードを上げることができたというし、今後に上達が望めるのであれば、障害での活躍を期待できるかもしれない。

真金堂の外観の写真

次の記事

真金堂