2月7日京都4R(ダート2,930m)

スターフォワードが北沢騎手騎乗で出走。第1障害でバランスを崩すものの以降は無難な飛越。3角で先行集団に取りついたが、4角で空馬に絡まれいったん立て直す不利。直線でも勝ち馬との差を詰められず、コンマ5秒差の3着に終わる。北沢騎手のコメント。

今日はいつもの行きっぷりがなく、最初の障害で少しバランスを崩すと、フワフワした走りになっていました。また4コーナーでカラ馬に絡まれて追い出しも遅れましたし、この馬は毎回レースで何か起こるので、なかなかツキがないですね。次走は中2週くらいはあけた方が良さそうですね。ただ飛越は安定してきましたね。

まぁあれだ、いろいろ不利を受けたりするのも、しっかりジャンプの技術を身につけて昇級しろというということなのだろう。きっとこれが実を結ぶ日が来る、と信じたい。

前の記事

転居7日目

次の記事

LEO-NET認証スクリプト