Windows XPモード

Windows 7をProfessional EditionにアップグレードしたのはWindows XPモードを使う必要があったからだ。もともとWindows XPを使用していたとき、OS付属のバックアップツールでバックアップをとっていたのだが、このバックアップツールはWindows 7で実行することができない上に、ツールを使う以外にバックファイルを読み取る術がない。どうしたものかとググってみたら、「Windows XPでバックアップしたデータをWindows 7で復元する方法」に行き着いた。Windows XPモードってVirtual PCの仮想マシン上でWindows XPを動かすんだ。その中には動かしたいバックアップツールも入っているから、まったく手間をかけることなくバックアップファイルからほしいデータを取り出すことができた。ひとまず一件落着である。

ところで前のWindows XPのマシンが壊れて新しくWindows 7のマシンを購入するとき、いくつかの電器店の店員にWindows XPモードでのバックアップの戻しについて質問してみたのだが、正しい回答が返ってきたところはなかった。ひょっとしてWindows XPモードをまともに使ったことがないんじゃなかろうか。あるいはWindows XP付属のバックアップツールを使ったことがないか。ワシは前述のMicrosoftの情報を知っていたので、Professional Editionにアップグレードすればなんとかなると解決に至ったが、人によってはせっかくのバックアップを無駄にしかねない。店員の話は鵜呑みにするものじゃないな。

前の記事

Windows 7 Professional Edition

次の記事

オーケーストア幕張店