2013年6月

いまさらという印象は拭えないが

「社説:首相らの言葉 著しく思慮欠く罪深さ」。いまの首相とその周辺の人々の言葉の幼稚さ、下品さは昨日今日の話ではなく、いままでなにをしていたのかとは思うものの、権力のチェックというマスコミが担うべき役割を少しは思い出したか。首相の言動で追及されるべきものはこれだけではないので、単発に終わらないことを期待する。

そろそろGoogle Readerの代替を

というわけでとりあえずfeedlyを使い出した。いまひとつオペレーションがなじんでこない。

原発事故による死亡者は出てない

自民党政調会長のお粗末な発言。そもそも原子力発電そのものが経済的に効率の悪い方式なのに無理に利用する理由をつけようとするから、こんなトンデモ発言が出てきてしまう。自民党内からも発言を批判する意見が出ているようだが、再稼働を進めようとする者の言い分は多かれ少なかれ同様の胡散臭さが拭えない。

安倍首相は信頼されていないのだろう

「日米首脳:『形式張る会談必要はない』 官房長官が認識」。外交って形式の持つ意味が大きな領域だからねぇ。訪米時の冷遇を考え合わせると、よほど嫌われているのだなぁというのが率直な感想。そりゃあ彼の歴史認識や憲法観が、袋叩きにあった橋下市長とさして変わらないことは、むしろ海外の方がちゃんと認識しているからね。下手に関わり合いを持たないでおこうと考えるのは政治的に合理的な判断だよね。安倍政権の国内における高支持率の背景を客観的に考えると、空恐ろしい現実がそこにある。

六左衛門

国分寺にある串焼と釜飯のお店。たまたま別件で五日市街道を走っているときにお店を見つけて、夕食時に食べに行ってみた。まず目につくのは人の多さ。駐車場は車でいっぱいで、かろうじて一台分のスペースが空いていたのは本当に幸運だった。お店の入口も順番待ちの人があふれていて、なんだかんだで1時間近く待っただろうか。そこからさらに釜飯が炊けるまで30分かかるから、せっかちな人にはお勧めできないお店だ。注文したのは釜めし・串焼きセット。釜飯ができるまでのあいだにさつま揚げや串焼きが出てきて、お酒でも飲みながらそれらをつまんでいると、締めに釜飯と味噌汁・お新香が出てくるイメージ。残念ながら車の運転があるのでお酒は飲めないけどね。料理はそれぞれに美味しくて、お店の混雑もうなづける。味つけはやや濃い目でお酒のつまみによさそう。最後の釜飯だけは醤油の味つけが控えめで、意外にあっさりと食べられる。また食べに行きたいお店ではあるが、問題は車を駐車場に停められるかどうかだな。

JR国分寺駅

いわゆる駅ビルが国分寺エル国分寺マルイで構成されている。さすがに小金井よりも立派。デパートのような高級ブランドがあるわけではないが、実用的なお店が適当にそろっていて、地下の食料品売り場の質も良さそうだ。国分寺までなら自宅から15分で行けるので、行く機会も増えるんじゃないかな。

はじめての乗り間違い

帰宅時、地下鉄の駅でちょうど入線してきた電車に飛び乗ったら、それは中野富士見町行きだった。すぐに気づけば次の駅ででも下車したのだが、気づいたのは赤坂見附でどっと人が乗ってきたあと。中野坂上で下車して荻窪行きに乗り換えたけど、そこからだと座れないのよね。

昨日のエントリを書いた時点では

単に設計書の書き方がまずいだけかなと思っていたのだが、今日、話を聞いてみると本当に理解してなかったことが判明。メッセージダイジェストを生成しても、元のファイルを変更しちゃあ意味がないだろう。結局、ワシが設計からやらなきゃならなくなった。うぅっ、話が違うじゃないか。

メッセージダイジェストの意味を

勘違いしているのではないかと思わせる設計書にしたがって実装するのはなかなか難しいなぁ(^^;。

Happy Birthday! Three Years Old

瑞樹くんの3度目の誕生日。綾さんお手製のケーキにろうそくを立てて3人で吹き消す。ケーキの味にも満悦の笑み。来年もまたこの笑顔が見れますように。