2010年6月

オシムの言葉

ワールドカップの日本対パラグアイ戦でのオシム氏のコメント

Jリーグで、良いプレーをすることだ。Jリーグでもっと走る。Jリーグでもっとリスクを冒す。そうでなければ代表だけが短期間で勇気を身につけることはできない。Jリーグのレベルアップをしなければ、代表のレベルアップはない。サッカーファンも代表だけを応援するのはやめてほしい。選手たちは、Jリーグの一つ一つの試合のディテイルにこだわってプレイの質を上げてほしい。ファンはもっと選手にプレシャーを与える応戦をしてほしい。クラブ同士の競争ももっと激しく、緊迫感のあるダービーマッチも必要だお客さんのプレッシャーがサッカーのレベルを向上させるのです。スタジアムを満員にしようではありませんか。

いや、いい言葉だねぇ。敗戦の責任を駒野に負わせるなんざ言語道断で、日本代表チームにのみ負わせるべきでもない。試されているのはJリーグ全体のレベルだよね。たまたま今回の代表には広島の選手が選ばれることはなかったけれども、サッカーの方向性としては広島と日本代表のベクトルは合っていると思う。これから4年間でチームのレベルを底上げして、次回は広島から代表が何人も選ばれることを願っている。

水分補給

近ごろの暑さは汗っかきのワシにはかなり堪える。帰宅したらのどの渇きに耐えられず、水やらジュースやらをがぶ飲みしてしまう。これが必ずしもお酒とならなくなったあたりが、独身のころとは違うところだ。とはいえ、あまり感心した話ではないかな。ゆっくり熱いお茶でも飲むのがいいのかなぁ。

なんなんだこの暑さは

今日は久しぶりに半田で仕事。実のところ雨降りを覚悟していたのだが、実際は30度を超える蒸し暑さに参った。最寄り駅から事務所までは徒歩で5分ほどなのだが、たったそれだけでシャツがぐっしょり濡れるほどの汗が出てくる。スーツでの仕事で迎える初めての真夏が思いやられる。

大泣き

今日の瑞樹くんは珍しく大きな声で泣きつづけた。オムツが少々濡れていても気にしない子だが、どうもおなかが空いていたらしい。といってもお乳はこれまでよりもむしろ飲ませている方だが、この時期の赤ちゃんは思う以上に欲しがる量が日々増えていくのだろう。実際、体もどんどん大きくなるわけだしね。

6月26日福島10R(信夫山特別、芝2,600m)

リヴィエラブルーが田中勝春騎手騎乗で出走。勝ち馬から1秒差の9着に終わる。しかもレース後、左前脚に腫れが見つかる。これはちょっと危ないかも。

尿素呼気試験

春先に胃カメラを飲んで、ピロリ菌の除菌療法を受けて、その効果を確認するための検査を受けてきた。検査薬を飲んで息を袋にためるだけだから検査自体の負荷は軽微だが、そこは胃の検査だから絶食しないといけないのがつらい。本当は会社を休んで検査まで寝ていようかと思っていたのだけど、どうしても抜けられない会議が入ったものだから、空腹を抱えながら出社。会議の最後の方は他人の話が右から左に抜けてたよ(^^ゞ。

やっと週末

もう少しで綾さんと瑞樹くんに会えるヽ(´ー`)ノ。

電話越しに聞こえる声に

広島と船橋の隔たりを恨めしく思う。この一週間のなんと長く感じることか。

ETCの請求が来た

5月の連休中、岡山=(山陽道)=広島東=(広島高速)=間所、広島=(山陽道・広島道・中国道)=庄原をそれぞれ1往復して4,700円。通常なら12,800円かかるところなので、多少なりともETCをつけた意味があったというものだ(^^)。