2011年6月

瑞樹くんの言葉

近ごろ食べ物を求めるとき「まんま」と言っているように聞こえる。この言葉からしゃべりだすのは予想通りだが、次に覚える言葉は何だろう。

瑞樹くんと障子

いつかやるだろうと思っていたが、瑞樹くんが和室の障子に穴を開けたらしい。意図的に開けたというのではなくて、たまたま手が当たってということみたいだが、子どもが障子を破るのは誰もが必ず通る道だしね。まだまだ大変なのはこれからだ(^^;。

リヴィエラブルー引退

近走の成績を見ればやむを得ず、もっと早く決断しても良かったかなと思う。障害への転向ができていればちょっとは違っていたかもしれないけれど。そういう意味では、転厩のタイミングがもっと早ければと思わなくもない。

J1: 第18節 G大阪 vs 広島

G大阪 5 – 3 広島。点が取れるようになってきているのは、浦和・川崎戦あたりの低調ぶりから回復している兆しと見ていいのだろう。ただ守りがねぇ。水本の離脱が徐々に効いているのか。上位争いをするには連敗は許されないので、大宮戦はしっかりと勝ちたいものだ。

瑞樹くんと来客

いつも3人だけの日常の中、今日は珍しく来客があったので瑞樹くんも興奮したのか。遅めの昼寝のあとの夕飯で少しぐずる。でもたまにはこういう刺激があった方がいいんだろうなぁ。

6月25日中山10R(安房特別、芝2,200m)

リヴィエラブルーが田辺騎手騎乗で出走。勝ち馬から1秒2差の13着に終わる。とくに見せ場もなし。進退についてしかるべき結論が出されるものと思われる。

ポリオ不活化ワクチン接種の状況

この春まではポリオの不活化ワクチンが接種できる医療機関は千葉県内に2ヶ所しかなかったのだが、その後、徐々に対応する医療機関が増えつつあるようだ。やはり国が認可の方針を出したことが影響しているのだろう。現時点では若干の金銭的な負担を伴うが、選択肢が広がっていることはいい傾向だと思う。

J1: 第17節 広島 vs 山形

広島 3 – 2 山形。まぁ勝てて良かったという試合。本来の広島であればもっと楽に勝ってもいいくらいだが、もうひとつ歯車がかみ合っていないのは確かなのだろう。それでもちゃんと勝ち点3を取れるようなったところはチームの成長であり、いまの順位にとどまれる所以でもある。次の大阪戦は厳しくなるだろうが、ここでも結果を求めたい。

2年目の6ヶ月点検

年初に法定点検を受けたディーラーから案内が来ていた。うーん、今度はどこで受けようかなぁ。