2012年7月

J1: 第19節 鹿島 vs 広島

鹿島 2 – 2 広島。2度リードしながらのドローは残念だが、復調した鹿島とのアウェイ戦で勝ち点1は良しとすべきか。幸い、仙台も引き分けに終わったため首位はキープ。次節はホームだしスカッと勝ちたい。

瑞樹くんとプラレール

最初は列車がレールの上を走るものという認識がなく、レール上を走らせていてもすぐに列車を取り上げて、車輪が回っているのをさわったり床の上を走らせたりしていたが、ようやくレール上を周回する列車の動きをおもしろいと思うようになったようだ。とくにトンネルから列車が出てくる様子が気に入っているらしい。これならレイアウトを拡張したり、列車を買い足したりすると喜んでくれるかも。やっぱり男の子だねぇ。

PIZZA HOUSE ONO

西千葉にあるイタリア料理店。よく通る場所でその存在は気にはなっていたのだが、駐車場がなさそうなのと子供連れで入れるか微妙な店構えだったので、これまでお店に入ることはなかった。今日は近くにコインパーキングを見つけて、瑞樹くんと一緒に入店。中にはすでに子供連れの客がいて、すんなり席に案内された。ピザ、ドリア、ハンバーグなどを注文。ところがすでにハンバーグはできないと言われて若鶏のローストに変更。お詫びにと瑞樹くん用にオレンジジュースと小さな器に盛られたリゾットがサービスされた。味はまずまずという程度だが、接客には好印象。巻葉亭もそうだったが、西千葉にはこうした感じの良い小さなお店が結構ありそうだ。もう少し車で行きやすいといいんだけどなぁ。

土用の丑の日だが

うなぎの稚魚が激減して漁獲の規制の話まで聞こえてくると、脳天気に食べることもはばかられる。特別な日のごちそうというくらいがうなぎにふさわしいのだろう。価格が上がれば自ずとそうなるかもしれないけれど。

JavaのORマッピング

久しぶりにググってみるとActive Objectsというツールがあるらしい。RubyのActive Recordを意識しているだけあって、テーブルに対応するインターフェイスを用意するだけで利用可能なのだそうだ。このインターフェイスもデータベースのスキーマ情報から生成できそうなものではあるし、従来のJavaのORマッピングに比べるとずいぶん簡単になっている。Rubyの場合はそのインターフェイスさえ不要なのだが、Javaが静的言語である以上やむを得ないところか。筋は悪くないと思うけど、今後も順調に開発・維持が継続されるかが気がかりだ。

瑞樹くんと耳たぶ

なんかさわるのが気持ちいいらしい。自分の耳たぶをさわっていることもあるし、ワシや綾さんの耳たぶをさわりにくることもある。これも一時的なものだろうが、それはそれで可愛らしい。

仏ジャン=マルク=エロー首相の施政方針演説

表題についての訳文。掲載されている方も引用しているが、

公的な議論を本質的な問題からそらせようとして、恐怖と心配を悪用し、エゴイズムを刺激し、社会を苦しめるあらゆる分断を利用したいという誘惑があるものです。しかし、私はその誘惑には屈しません。

の一節は素晴らしい。この言葉を聞いて我が国の政治家たちが多少なりとも恥じ入るところがあればまだ救われるのだが。

新しい眼鏡の違和感

昨日買った眼鏡を受け取って早速使っている。レンズの度数は変えていないので、よく見えるようになった、逆に見えにくくなったということはない。ただ遠近感が以前と微妙に違う気がする。ごく近くのものや遠くのものを見ている分には変わりないのだけど、数十cm~1mくらいの距離が近く感じる。これは慣れだけの問題なのかなぁ。