2012年8月

8月が終わる

でも暑い日がまだまだつづきそう。

千葉に引っ越してもうすぐ2年

というわけで火災保険更新の案内が来たのだが、ちょっと聞きたいことがあったので仲介しているちばリハウスに問い合わせてみた。あからさまに面倒くさそうな応対で不愉快な気分になる。保険のことは保険会社に聞けっていうことか。でも案内はおたくの名前で来てるんだけどなぁ。ダメな不動産屋は契約したあとの対応が悪くなるけど、ここもそうなのね。

はじめての美容院

瑞樹くんの髪を切ってもらったときの対応が良かったので、自分も同じ美容院で髪を切ることにした。ワシはもっぱらいわゆる床屋で髪を切ってきたので、これが美容院初体験である。髪の切り方は丁寧で、床屋でやってもらう倍以上の時間がかかったのではないかと思う。そのかわり顔を剃らないからトータルの時間はそこまでの差はない。値段は美容院のほうがやや高い。確かに仕上がりも丁寧な感じがわかるが、時間と価格にそこまでの価値を見いだせるかというと…。このあたりは人を選ぶサービスだなぁ。

やはり欠陥だった武雄市の個人情報保護条例

武雄市立図書館のTカード導入に関する高木浩光氏の久々のエントリ。武雄市長から恫喝を受けてからしばらく沈黙していた時期もあったが、Tポイントツールバーの件を経て、再び武雄市立図書館での個人情報の扱いの問題点を丁寧に解説。困ったことに武雄市長はこれをまったく理解できていないらしいCCCの個人情報の扱いの悪質さを考え合わせると、武雄市民が気の毒で仕方がない。それにしても

前にも書いたけど、この御仁が産総研という広い意味での国の機関で働いてなければ、僕は文句は言わない。

あたりの件はまったく意味不明。むしろ産総研の人がきちんとこういう仕事をしてくれることをありがたく思うのがふつうじゃないかな。役人上がりの政治家の感覚ってこんなものなのか。

瑞樹くんの散髪

以前近くの美容院で瑞樹くんの髪を切ってもらったが、大泣きで暴れて最後まで切れなかったことがある。そのあと綾さんが瑞樹くんの髪を切ったりもしたが、やはり素人では思うようにいかない。そうこうしているうちにずいぶんと髪が伸びてしまったので、また別の美容院で切ってもらうことにした。そこは子供の扱いに慣れているのか無理に椅子に座らせることもなく、ある程度自由に遊ばせながら落ち着いたタイミングで髪を切ってくれたらしい。瑞樹くんもとくに嫌がることもなくすっきりとした頭になった。なかなかの男前である(^^)。