2013年1月

改めて自民党の変質を感じる

「国賊か!? 『赤旗』で”日本叩き”に加勢した自民党元重鎮」。記事そのものはいわゆる産経クオリティというやつで、まじめに読むのが馬鹿らしくなるくらいの代物だが、加藤紘一氏のインタビューが赤旗に掲載されること自体が象徴的ではある。河野洋平氏にせよ加藤紘一氏にせよ、河野談話が発表されたときは自民党政権の中枢にいた人物で、彼らの考え方が自民党の主流、少なくとも主要な考え方のひとつであったにもかかわらず、いまやこうした立場に位置する人物は自民党内に見る影もない。インタビューの内容から加藤紘一氏がとくに考え方を変えたわけでもなく、加藤紘一氏から見ると自民党は共産党よりも遠くなるほど右側にシフトしてしまった。国民政党としての自民党はすでにないのだなぁと、また憂鬱な気分になる。

キャリアを変える

来月予定している転居に伴い、自宅で利用しているキャリアをNTTからKDDIに変更することにした。千葉に引っ越したあとに携帯をauに変えて、さらに先日スマートフォンの利用をはじめたことから、KDDIの方が料金的なメリットが出ることはわかっていた。フレッツからauひかりにした場合、ASAHI-NETの固定IPサービスが使えなくなるのが残念だが、そこはレンタルサーバを使う方向で考えている。移行がすんなりいくといいなぁ。

やはり降ってきた

今朝、家を出たときはチラチラ舞う程度の雪だったけど、駅で電車を待っているうちに本格的に降りはじめて、電車が来るころにはコート・ズボン・カバンに雪が積もる状態。ひとしきり雪を振り払って席に座ることに。幸い今日の雪はすぐにやんだので、帰るころまでにはみんな溶けていたけどね。

市川の市民ギャラリー

芳澤ガーデンギャラリー木内ギャラリーに行ってみた。もっともどちらも閉館時間ギリギリに駆け込んだ状況だったので、ゆっくりと見れたわけではなく、雰囲気だけ味わった感じ。芳澤ガーデンギャラリーは寄贈された土地と庭に新たにギャラリーを建てたもので、それ自体に特筆するところはなかった。むしろ古い建造物を移築して利用している木内ギャラリーの方がおもしろい。マンション建築のために日本家屋の部分が取り壊されてしまったのが残念だ。

語るに落ちる

「『とくダネ!』小倉氏らに反論」。橋下氏が言っていることが事実だとすると、それ自体が問題なのではないだろうか。彼はこの事件の情報を自身に集めて、恣意的に選択して公開していると言っているわけだ。なぜすべてを公開しないのだろう。そもそも桜宮高校の事件は、学校間の競争を煽って、成果を求め、その手段として体罰も容認する、という橋下氏の教育方針の行き着く先という見方もできる。少なくとも彼はこの事件において第三者ではない。その彼が情報を恣意的に扱うことは、この問題の解決を阻害する要因になり得る。本来ならば本当の第三者にすべての情報を公開してこそ、真の問題が解明できるはずだ。あえてそれをしないのは、公開されるとまずい事実がそこにあるからと勘ぐられても仕方あるまい。

ようやく雪どけ

近ごろの雨と寒さが若干緩んだことで、長く残っていた駐車場の雪もようやく溶けたみたい。

スマートフォンの電源が

朝になって切れていたように見えたので、電源ボタンを押してみたのだけど起動しない。故障かと少々焦ったが、じっとボタンを長押ししていたら無事に起動した。ちょっと我慢が足りなかったようだ(^^;。ただなぜ電源が切れていたかは不明。