2013年1月

駐車場の雪

約一週間が過ぎてもまだ溶けていないというか、残っているところは氷になっていて、瑞樹くんをうっかり歩かせることもできない。1日暖かい日があれば溶けるのだろうけど、その前にまた次の雪がきそうな気配。

MAX

穴川にある喫茶店。前の道はよく通るので存在は知っていたが、車を停めるのが難しそうでこれまで入ることはなかった。でも実は店の裏側に駐車場があるとわかったので、行って見ることにした。雰囲気は古くからある喫茶店。ブレンドコーヒーと瑞樹くんにプリンを注文。コーヒー自体の味は悪くないし、瑞樹くんもプリンを喜んで平らげた。だがタバコの匂いがすべてを台なしにする。店員の対応も常連さんが大切なようで、我々には素っ気ない。喫茶店は単に飲食のためだけに入るのではない。くつろぎを得られない喫茶店に二度と行くことはない。

えびや

星久喜にあるそば屋。小さな店だが完全禁煙で清潔感がある。メニューはそば・うどん・丼物だけで、セットのたぐいはない。天ぷらつきの箱そばを注文。箱そばとはそばがザルやせいろではなく、箱状の容器に入れられて出てくるもの。量が通常の一人前より多いのでそばだけでお腹がふくれる。味に癖がなくするりと喉を通る感じ。天ぷらにはあまり特筆すべきことはない。価格分の満足は得られる店だと思う。

満員電車

朝の通勤に使っている総武快速線の電車は通常15両編成なのだが、昨日の横須賀線のダイヤの乱れの影響で今朝は11両に短縮されての運転。通常でもかなりの混雑なのに、今日はそれに輪をかけた混雑となった。いつもだ船橋あたりまではまだ余裕があるくらい混み具合なのに対して、今朝は稲毛ですでに満員。津田沼ではもうギュウギュウに詰め込まれた感じで、船橋以降は乗れない人が出ていた。ある意味ここまで電車に人が乗れるのかと感心するくらいだが、あまり経験したくないことではある。

電子書籍お試し中

無料のKindle本を数冊目を通した程度だが、思ったよりも読みやすくできている。構えて読むというよりも、電車の中とかでさっと読める感じがいい。そろそろ有料のものも読んでみようかな。

引越しを依頼した業者だが

さっそく今日ダンボールを持ってきてもらうことにした。ただ引越しはまだ1ヶ月以上も先なので、とりあえず20枚を頼んでおいたのだが、なぜか持ってきたのは全体から20枚を除く50枚だった。このまま引越しを任せてよいものか不安になる。

思わぬ吹雪

今日は荒れた天気になると予報されていたが、これほどの吹雪になるとは思わなかった。最初、遠出を避けて千葉市民ギャラリー・いなげに行ってみようかと考えていたのだが、お昼ごろには雨が雪に変わって積もっていたので車を使うのはあきらめ、歩いてペリエ千葉へ買い物に行くことにした。が、家を出てみれば雪だけではなく風も強く、瑞樹くんを連れて歩くのは無理と判断。結局、家から出ないで一日を過ごすことにした。明日の出勤が心配だ。

引越し業者の選定

前のエントリに書いたとおり、相見積をとった上で担当者の対応がマシだったところを選択。価格が一番安いところではなかったためか、選択した業者にその旨を伝えると意外そうな反応が返ってきた。やっぱり価格で選ぶ人が多いってことかな。でもこの種のサービスは家電を買うのとはまた違うから、単純に価格が安ければいいってものでもないと思うんだけどなぁ。

引越の見積り

来月、2年半近く住んだ千葉を離れる予定である。そこで引越の見積を年末から年始にかけて3社に依頼したのだが、どうにも営業の対応が快くない。こちらは初めから相見積をとった上で結論を出すと言っているのに、これこれの価格にするからいま決めろ、と比較的強く押してくる。気持ちはわからんではないが、利用者の依頼に沿う仕事をしないとダメだろう。一番ひどかったところが出してきた価格は最も安かったけど、そこを選択するつもりはまったくない。まぁ比較的マシだったところの価格をもう一度確認して、そこにするのかなぁ。